フェアウェイウッドの選び方教えます

フェアウェイウッドは、3W、5W、7Wのセッティング

初心者に重宝するフェアウェイウッドですが、クラブセッティングは14本と決められているので好きなだけゴルフバッグに入れるわけにはいきません。

おすすめなのは3W、5W、7Wのセッティングで選ぶ。

3番ウッドは、距離の残ったセカンドで利用してもいいが、ドライバーのティーショットが調子が悪いときに3Wを使うといい。3Wはドライバーに比べ、ロフトがありティーアップしているのでボールも楽にあげやすくつかまりもいいので安心して打てます。

5番、7番ウッドについては、セミラフなどロングアイアンでは厳しいライでも、ザックリしにくいのでショートウッドもどんどん活用していきましょう。

フェアウェイウッドを購入するポイントとしては、基本、同じメーカーの同じシャフトにすることをおすすめします。クラブヘッドも大きめのシャローフェイスで安心感のあるフェアウェイウッドを選びましょう。

ウッド系のゴルフクラブは、比較的、高価なものになります。高額のゴルフクラブがすべていいわけではないので、自分に合ったフェアウェイウッドを選ぶことがスコアメイクのポイントになります。

フェアウェイウッドは初心者にとって強力な武器

フェアウェイウッドはボールを上げやすく飛距離が稼げるクラブ

フェアウェイウッドは、芝の上から一番飛距離の出せるクラブです。

フェアウェイウッドには、それぞれ種類があり、

2番ウッドは2Wと略されブラッシーといわれ
次いで3番ウッドは3Wでスプーン、
4番ウッド4Wはバッフィー、
5番ウッド5Wはクリーク、

以下6番ウッド6W、7番ウッド7W、9番ウッド9W、11番ウッド11Wとなっています。気付いた人もいると思いますが奇数の番手が多くなっています。7番ウッド以下はショートウッドとも言われています。

フェアウェイウッドの番手が大きくなると(番号が3から9のように大きくなること)、ロフト角が大きくなり重心もアイアンより深く、スイートエリアも広いため簡単にボールをとらえやすくなりボールを上げやすくなります。

もし、ロングアイアンでボールを上げることができずに番手通りの飛距離が出ないのなら、3番から5番アイアンまで抜いてショートウッドに入れ替えるのもコース戦略のひとつです。

フェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドの打ち方がわかれば200ヤード先のグリーンが狙える

フェアウェイウッドの打ち方についてよく雑誌等で解説していますが、ゴルフのスイングは基本的にはみな同じです。ゴルフスイングは体の回転でボールを打つだけ。なのにゴルフ雑誌やレッスンプロの説明を聞くと非常に難しくなります。頭がいっぱいになり体が硬くなって思うように回転運動ができなくなります。これがゴルフが上達しない原因のひとつ。

ゴルフの基本的な考え方は、スイングは同じでゴルフクラブの性能によって距離を打ち分けていきます。

アイアンは、グリーンに乗せるためにスピンのかかったボールが打てるようにダウンブローに打つ構造になっています。フェアウェイウッドは飛距離を稼ぐためのクラブで、ソールが広くダフリにくくボールをあげやすくなっています。

それぞれのゴルフクラブの特徴をつかんで、体の回転をうまく利用したゴルフスイングができればどのクラブも打つことはできます。

ちなみに、3番ウッドをグリーン周りで使ってもいいんですよ。3Wはソールが厚いためダフリにくくグリーン周りの転がしには使いやすいクラブです。

フェアウェイウッドを選び方 関連情報

フェアウェイウッドの選ぶ基準 中古、シャフト、飛距離

フェアウェイウッドの飛距離はどのくらい

フェアウェイウッドの飛距離もそうですが、初心者の人で飛距離について間違った解釈をしている人が多い。例えば、ピッチングで150ヤード飛ぶとか200ヤード飛ぶとか(これはあり得ないか)ゴルフは、短いクラブでいかに遠くへ飛ばすかを競っているスポーツではないので、自分の番手ごとの飛距離を知ることが大事。確かに人より遠くへ飛ばしたい気持ちはわかるけど、ゴルフはスコアを競う競技なので少ない打数でホールアウトす...(続く)


フェアウェイウッドの中古を利用する

フェアウェイウッドなどウッド系は、高価なものが多いのが現実です。そこで利用したいのが中古のフェアウェイウッド。高額なフェアウェイウッドを、簡単に買うことができるなら問題ないが普通はそうはいかない。そこで中古なら、金額的にも新品を買うよりは安価で購入できる。今まで使っていたクラブも下取りに出せば少しは購入金額の足しになる。持っていても仕方ないフェアウェイウッドは買い取り査定に出して、買取金額を調べて...(続く)


フェアウェイウッドのリシャフトでレベルアップ

ゴルフクラブのリシャフトって、なんだかプロゴルファーがやることのような気がしますよね。しかし、今はゴルフのうまい下手に関係なくリシャフトが注目されているようです。今までのゴルフクラブのシャフトは、メーカーの標準のシャフトが利用されていることが多かったのですが、トッププロが使用している人気のシャフトが、手軽に手に入れることができると言うこともあり人気を集めています。かたくなにスチールシャフトを使って...(続く)


ページTopへ