choose fairwaywoodフェアウェイウッドの選び方

フェアウェイウッドの選び方教えます

フェウェイウッド初心者に重宝するフェアウェイウッドですが、クラブセッティングは14本と決められているので好きなだけゴルフバッグに入れるわけにはいきません。おすすめなのは3W、5W、7Wのセッティングで選ぶといいと思います。

3番ウッドは距離の残ったセカンドで利用してもいいのですが、ドライバーのティーショットが調子が悪いときに3Wを使うといいでしょう。3Wはドライバーに比べロフトがありティーアップしているのでボールも楽にあげやすく安心して打てます。5番7番ウッドについては、セミラフなどロングアイアンでは厳しいライでのショットも初心者でも十分利用できるのでどんどん活用していきましょう。

そしてフェアウェイウッドの購入ポイントとしては基本として同じメーカーの同じシャフト、カーボンならカーボン、スチールならスチールにするということです。ヘッドもチタンやメタルなど選んだ方がバランスがとれていいと思います。クラブヘッドも大きめのシャローフェイスで安心感のあるフェアウェイウッドを選びましょう。

フェアウェイウッドに限らずウッドは非常に高価なものになります。高額のゴルフクラブがすべていいわけではないので、自分に合ったフェアウェイウッドを選ぶことがスコアメイクのコツになります。

Fairway wood for beginnersフェアウェイウッドは初心者向き

フェアウェイウッドは初心者にとって強力な武器

フェウェイウッドフェアウェイウッドはティーショットで使ってもいいクラブですが、芝の上からでも打てるクラブです。フェアウェイウッドにはそれぞれ種類があり、2番ウッドは2Wと略されブラッシーといわれている、次いで3番ウッドは3Wでスプーンと言われ、4番ウッド4Wはバッフィー、5番ウッド5Wはクリーク、以下6番ウッド6W、7番ウッド7W、9番ウッド9W、11番ウッド11Wと種類がある。気づいた人もいると思いますが奇数の番手が多いのが特徴でもあります。

7番ウッド以下はショートウッドとも言われています。フェアウェイウッドの番手が大きくなると(番号が大きくなる3から9のようになること)、ロフト角度が大きくなり重心もアイアンより深くなるためスイートエリアが広がりボールがつかまりやすくなります。そのためフェアウェイウッドはアマチュアにとって苦手な飛距離のでる高い弾道を比較的簡単に打つことができます。一昔前のプロは1番アイアンや2番アイアンなどのドライビングアイアンを入れていましたが、最近では片山晋呉プロのようなトッププロでもショートウッドを使用するようになっています。

ちなみにタイガーウッズは2Iを使用しているようで、それをまねて石川遼プロも2アイアンを使用しているそうです。プロでも使用する頻度の高い比較的簡単なフェアウェイウッドはアマチュアにとって非常に使いやすいクラブといえます。

Swing fairway woodフェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドの打ち方がわかればロングホールも苦にならない

フェウェイウッド打ち方フェアウェイウッドの打ち方なんかをよく解説していますが、ゴルフスイングの基本はみな同じです。ゴルフスイングは体の回転でボールを打つだけです。なのにゴルフ雑誌やレッスンプロの説明を聞くと非常に難しくなります。頭がいっぱいになり体が硬くなって思うように回転運動ができなくなります。これがゴルフを難しくしている原因です。

ゴルフスイングの基本は体の回転です。ゴルフスイングは同じでゴルフクラブの性能によって飛距離や弾道が変わります。アイアンはピンをダイレクトに狙うためスピンのかかったボールが打てるようにダウンブローに打てる構造になっています。フェアウェイウッドはソールが厚いためダフリにくくボールをあげやすくなっています。それぞれのゴルフクラブの特徴をつかんで打っていけばミスも少なくなります。

ちなみにタイガーウッズなんかは3番ウッドをグリーン周りで使ったりします。3Wはソールが厚いためダフリにくくグリーン周りの転がしにはちょうどいいのでしょう。フェアウェイウッドの打ち方というよりは体の回転をうまく利用したゴルフスイングができればどのクラブも打つことはできます。言うのは簡単ですけどね。

Used fairwaywoodフェアウェイウッドの中古

フェアウェイウッドの中古を利用

フェアウェイウッドの中古フェアウェイウッドなどウッド系は高価なものが多いのが現実です。そこで利用したいのが中古のフェアウェイウッド。

高額なフェアウェイウッドを簡単に買うことができるならいいのだが普通はそうはいかない。中古なら金額的にも新品を買うよりは安価で購入できる。それに今まで使っていたクラブも下取りに出せば少しは足しになる。置いていても仕方ないクラブは買い取り査定に出して金額を調べてみて高く売れそうなら売ってしまおう...(続く)

Shafts fairwaywoodフェアウェイウッドのリシャフト

フェアウェイウッドのリシャフトでレベルアップ

フェアウェイウッドのリシャフトゴルフクラブのリシャフトってなんだかプロゴルファーがやることのような気がしますよね。しかし今はゴルフのうまい下手に関係なくリシャフトが注目されているようです。今までのゴルフクラブのシャフトはメーカーの標準のシャフトが利用されていることが多かったのですが、トッププロが使用している人気のシャフトが手軽に手に入れることができると言うこともあり人気を集めているようです。...(続く)

Flying distance of a fairwaywoodフェアウェイウッドの飛距離

フェアウェイウッドの飛距離はどのくらい

フェアウェイウッド 飛距離フェアウェイウッドの飛距離もそうですが、初心者の人で飛距離について間違った解釈をしている人が多い。例えばピッチングで150ヤード飛ぶとか200ヤード飛ぶとか(これはあり得ないか)ゴルフは、短いクラブでいかに遠くへ飛ばすかを競っているスポーツではないので、自分の番手ごとの飛距離を知ることが大事。

確かに人より遠くへ飛ばしたい気持ちはわかるけどゴルフはスコアを競う競技なので少ない打数でホールアウトする方がいい...(続く)

utility and fairwaywoodフェアウェイウッドとユーティリティの違い

フェアウェイウッドとユーティリティの違いは何

フェアウェイウッドとユーティリティユーティリティとはどんなクラブか?わかりやすく言うとショートウッドとアイアンの中間です。ここ最近ユーティリティの需要は伸びているようです。ゴルフショップの話によるとショートウッドの7Wや9Wは年配の購入者が多いようです。やはりゴルフはある程度ボールをコントロールしなければならないのでウッドよりシャフトの短い、操作性のあるUTが注目を浴びているのでしょうか。

カテゴリー | FWとUTの違い